更年期障害のサプリならスーパーイソフラボンで話題のエクオール!

肌を美しくしたりいつまでもキレイでいるためには、腸内フローラを改善して大腸に善玉菌を増やしたり体内でエクオールを生成することで細胞を活性化してハリやツヤを取り戻すことが大切です。
更年期障害のサプリメントとしても話題

腸内細菌の持つさまざまな働き

人間の大腸はとても長くて、腸内には通常100~1000兆個の腸内細菌が存在しています。数千種類に及ぶいろいろなタイプの細菌がありますが、大きく分類すると善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分けることができて、これらをまとめて腸内フローラを呼びます。腸内細菌は善玉菌2割に対して悪玉菌1割、日和見菌7割のバランスが一番健康によいと言われていて、この対比が崩れると体調不良や肌荒れなどいろいろなトラブルの原因になります。腸内フローラがしっかり整っていると便秘になることがないので常に老廃物や毒素を排出できて、新陳代謝が盛んになるため細胞が活性化されて肌が蘇ったり血液やリンパの流れもよくなるので体全体が健康になり、若返りにも有効です。善玉菌は不健康な食事や生活習慣の乱れ、加齢などによって減ってしまうので、きちんと補うようにしないと悪玉菌が増えて体を壊してしまいます。日和見菌は普通の状態では害がありませんが、悪玉菌が増加すると悪玉菌と同じように有毒物質を作ったり体に悪影響を与えるようになるので、常に善玉菌を増やして腸内フローラを改善できるような食事を心がけるようにしましょう。更年期にはエクオールサプリなのです。
善玉菌の代表はヨーグルトに入っていることで有名な乳酸菌で、ほかにもチーズや味噌、漬けもの、納豆やキムチなどの発酵食品に多く含まれています。機能性食品やサプリメント、酵素、青汁などを使って補給するのも有効で、忙しくて料理をする暇がなくても体によい栄養素を取り入れることができます。善玉菌は食物繊維やオリゴ糖を好む性質があるので、乳酸菌の入った食品を食べるときには根菜やシリアル、玄米、こんにゃくやキノコ、海藻、オリゴ糖シロップなどを組み合わせると腸内で善玉菌の活動が活発になり効率よく数を増やすことができます。アレルギーを治したりストレス解消や精神不安、不眠症対策などにも有効で、アンチエイジングをすると同時にたくさんの健康効果が期待できます。善玉菌を増やすことを意識しながら食事内容を見直して若返りにチャレンジしてみましょう。エクオールサプリメントは更年期障害にもオススメできます。

注目したい大豆の持つパワー

健康のためによい食品は乳酸菌を多く含む発酵食品以外にもたくさんあり、中でも私たち日本人になじみが深いものは大豆です。豆腐や味噌、醤油、納豆、枝豆、がんもどきや厚揚げなど普段の食事で毎日のように食べている大豆は、実は美容と健康のために効く強力なパワーを持っていて体の調子を整えたり美肌を作るために活躍してくれます。良質な植物性のタンパク質を摂取できるので肌の細胞を育ててハリと弾力を与えたり、引き締まった体を作ったり、脂肪を燃焼しやすい体質になるのをサポートして美容のためになるのでコスメ業界でも注目されています。大豆に含まれるイソフラボンは大腸で腸内細菌の働きによってエクオールという物質に変化します。スーパーイソフラボンと呼ばれるほど効果の高いエクオールは女性ホルモンと似た働きをするので、女性特有のさまざまな症状を改善するために有効です。生理痛や生理不順を防いだり、月経前にイライラしたり眠れなくなるような症状を和らげたり、めまいやのぼせなど更年期障害を抑えてストレスを感じないで過ごせるようになるので特に女性は積極的に食べたい食材です。年齢と共に減ってしまう女性ホルモンを大豆の力によって補給できれば、肌の衰えやたるみ、小ジワ、髪や爪の老化を防いでいつまでも若々しくキレイな自分を維持できます。日本人は日常的に大豆製品を食べる習慣があるので無理な食事制限をしなくても普段の食事を続けていれば自然に大豆イソフラボンを摂取することにつながります。特に和食は発酵食品も多く使われていて、洋食よりも低カロリーでヘルシーなので美容や健康のために最適です。海外でも美容に敏感な人は和食に注目していて、大豆製品や海藻、漬けもの、日本の調味料などを積極的に取り入れています。腸内フローラを整えればさまざまな栄養素を効率よく吸収できて、余計な体脂肪を作らず活動エネルギーに変換するので一日中元気に過ごせて慢性疲労も克服できます。健康維持とアンチエイジングのために腸内環境をしっかり整えるようにしましょう。更年期にはエクオールのサプリメントを積極的に摂取しましょう